実力を発揮できるものを明確にする

首都圏一極化により、人口はますます増え続けている。
通勤電車が満員になり利用しにくいからと別の路線を新しく作っても、もまたそちらも満員になってしまうほど、人口が増え続けている。
人口が増え続けた理由はいくつかあるが、その1つは都心部が働きやすいためだろう。
田舎に比べると多種多様な仕事が選べるため、学校を卒業すると上京してくる人が多い。

もう1つの理由は、都会に対する憧れだ。
テレビをつけても、多くのドラマは首都圏中心になっている。
田舎が舞台のドラマの方が少ないぐらいだ。
また、多少偏見ではあるが、都会に行けば芸能人に会えると思っている人もいる。
店も多く、欲しいものが買えるという魅力があるのは、紛れもない事実だろう。

しかし、働く場合は、希望した場所で働けるとは限らない。
都会だからどのような仕事でも選ぶことができると思ったら、それは大間違いだ。
田舎でアパレルに就職できなかった人は、都心部に出てもアパレルに就職できない可能性は高い。
結果的に妥協して、アパレル工場で働き続ける人も珍しくない。
就職先が多いから就職できるわけではなく、それなりの技量や経験を備えていることが大事になる。
場所はそれほど関係ない。

もしこれから都心部に出たいとすれば、自分の実力を発揮できるものは何かを明確にすることが大事だ。
田舎の方で少し試してみて、うまく行きそうなら上京してみると良いだろう。